© 2018 by 結びつくかるた会. Proudly created with Wix.com

  • Facebookの社会的なアイコン

競技かるたとは

競技かるたは、百人一首を用いて行う競技です。畳の上で行うため、「畳の上の格闘技」とも呼ばれます。

試合では、100枚ある札の内、50枚(自陣25枚、敵陣25枚)を使います。詠み手が上の句を詠みあげると、下の句が書かれた札を取ります。自陣を取れば単純減、敵陣を取れば自陣の札を敵陣に送ることで札を減らします。その結果、自陣の札を0枚にした方が勝ちです。

競技かるたには個人戦と団体戦が存在し、団体戦では個人戦を3組または5組同時に行い、勝ち数によって勝敗が決まります。

<外部サイト(競技かるたのルール)>

日本テレビ

全日本かるた協会


一般的なかるた会では、百人一首の上の句と下の句の対応付けを暗記していることが競技の前提となっています。しかし、これでは初心者にとって競技に辿り着くまでの負担が高くなってしまいます。

結びつくかるた会では、決まり字を記載した赤字札を用いることで、百人一首を覚えていなくてもすぐに競技を楽しむことができるよう、運営を工夫しています。